訪問看護に特化した求人メディア「ホウカンジョブ」をリリースしました

Share on facebook
Share on twitter
Share on email

 2019年2月21日、訪問看護業界向けの人材募集サイト「ホウカンジョブ」をリリース、一般公開いたしました。

→ https://houkan-job.com

 

 訪問看護ステーションの管理者として勤務していた当時、訪問看護のこれからの人材事情に不安を感じていました。全国的にみても看護師の採用自体がうまくいかない中、都道府県ナースセンターの強化など職種単位の取り組みは推進されてきています。しかし、これからより重要となる訪問看護に特化して採用を強化する手段は、当時から存在していませんでした。
 元管理者として業界を見てきたなかで、何かしら業界の採用事情に寄与できることをしたいと考えておりました。

 

 訪問看護は医療・介護の中間的なポジションとして、これからもっと活躍の場を作るべき地域のリソースです。しかしながら、事業所数は10,000を突破したものの現場の専門職採用は思うように進まない状態だけが残ってしまい、1つの事業所単位、事業者単位で人材を確保していくことには限界が生じています。少なくとも私はそう考えています。

 

 ここからは業界全体で未来の見える施策を講じていく必要があり、それを見据えた仕組みを構築しながら専門職人材を採用していくためのメディアが「ホウカンジョブ」です。それぞれの事業所が人的に潤うことも大きな目的ですが、その先で待つ利用者の皆さまが地域で安心して暮らしていけるように運営・サポートしてまいります。